枚方 T-siteへライドで

乗り物は便利だ

ついこないだ、ちょっと早く走れる自転車を手に入れてから

一気にいろんなところに行けるようになった。


といっても、自転車なので雨の日は気持ちが乗らない

(でも雨の日でも走れるようにバイク用のカッパも買っておいた)

茨木市からはなかなかの距離のある枚方まで

足を伸ばそうという気にもなるんだから不思議

早くこの乗り物に乗りたい。という思いも強かったと思うけれど。


Tsiteは小さいけれどデザインが行き届いている空間で

この施設を見に来る人たちがたくさんいた。何しろ建物の姿も存在感がある。。

中に入って一番印象的だったのが本棚。背が高く、みっちりと詰め込まれた本棚は

知識や文化の象徴のように思えた 

Tsiteは 本や音楽や映画など、世界中の文化が集まる拠点なのだ。といった感じ

それをぎゅっと凝縮したコンセプトのようで印象的だったな


TSUTAYAができた枚方という土地で、新しい象徴ができて。

この大きな建物の周りにいろんな人が集まるんだろうな

「場所がある」ことの重要さを感じた





urushi-note

あちこちに散らばってしまうモヤモヤや、ふむふむを ランダムに残していく公開メモ 全く明日から使えない非合理主義

0コメント

  • 1000 / 1000