Cycle Mode Ride Osaka 2017に行ってきた(2回目)

去年も参加してきたけど、今年もCycleModeRideにていろんな自転車を試乗したり、自転車で各地を巡れるツアーをちらほら見たりして楽しんできた。



会場は万博公園。自転車日和な晴天で気持ちが良かった。早速午前中に2台ほど試乗し、お昼をたべて(屋台に並んだ、、この行列が嫌いなんだけれど並ばないと仕方ないので並ぶ)

午後からまた3台ほど一気に乗る。数をこなしただけでも満足感達成感が得られたし、体を動かしたので充実した気持ちになった。


思ったこと、得れる価値ってなんだろ?

  1. 専属スタッフから鮮度の高い情報を聞ける価値
    スポーツ系のイベントは基本体験型・参加型が多いので、接客対応してくださったスタッフの方の対応や説明はとても印象に残りやすい。かつイベントなので、まだ店頭に並んでない最新機種や、もうすぐ発売される機種の情報なんかを直接きけちゃうのは、お店では叶えられないしお得感がある。
  2. ブースや自転車を選ぶ基準は、「かっこいいかどうか」
    ロードバイクやミニベロは「普通の自転車」と比べて、どのような走りをするかや、どのような場所を走るか、どのように走りたいか、といったニーズを叶えてくれる。早く楽に走りたい人から、他の人が乗っていないオリジナリティ重視のひともいるし、両方の人もいる。愛着を持つためには、これが欲しいっておもえるようなカッコよさは必須。。毎日乗るものじゃないからこそデザインが大事。
  3. 自分好みの自転車との出会える価値
    事前リサーチもしないで行っても、何かしら新しいブランドや考え方との「出会い」がある。それは人を通して直接その自転車に対して教えてもらえるし、そのメーカーの人なので信頼性が高い情報がもらえるというのもある。
  4. 実際乗り比べて違いを楽しめる価値
    自転車の種類にもいろいろある、、シクロ、ロード、マウンテン、BMX、、そもそも全分類をしらないけれど、その違いを知るだけでも新しい世界を見るようで面白い。しかも乗りごごちやサイズ感、自分のニーズに合っているものか?と体感しながらなので記憶にも残りやすい。自分のしらない世界を広げるのはとても楽しいこと(好奇心が刺激される)。
  5. 自転車を楽しめる空間・場所・ツアーの提案
  6. 詳しくない友達(家族・子供)とも体験を楽しめる価値
    初心者向けコンテンツもあるし、飽きたらブースの外にでて公園でまったり遊べばよい。お互いのニーズに合わせて自由行動すれば不満は少なくなりそう。


旦那氏といったのだけれど、もうお互い別行動にして集合時間と場所だけ決めて動く。

彼はこだわりがあるから行列に並ぶし、私はこだわりがないのでとりあえず乗れそうでかっこいいやつを試して偶然の出会いを楽しむ。

やっぱり体験型イベントは記憶に刻まれやすいし満足度が高いな、とは実感する。


urushi-note

あちこちに散らばってしまうモヤモヤや、ふむふむを ランダムに残していく公開メモ 全く明日から使えない非合理主義

0コメント

  • 1000 / 1000