「理想じゃなくて、リアルな言葉で話したいじゃない?」

いつかの女子会(といっていいのか!?w)での話。

この集まりは、UXデザインのセミナーなどで繋がった、バリバリ働きつつ、女性としても魅力的な方々ばかりで、かっこいい。

話すことは、しごともだけれど、家族やライフステージの事もひろーく話せることにとても安心感、、このつながりのありがたい事、、



リアルな言葉じゃない

お酒がはいると、ちょっと真剣なお仕事の話になったりして、こんな言葉がでてきた

「理想を語っても、それってリアルな言葉じゃないから違うと思うんだよね。」

その人曰く、いくらイイ事・正しいとされている事を語っても

そこに実体験がなかったら理想は理想。代理店時代はそうゆうところをよく見てきて。。

でも、行動してみて、実際にやってみて、ギャップを感じたり・手がかりをつかんだり・失敗したりするからリアルな言葉になる。実体験の含まれない言葉で語りたくない。

だから、もっともっとリアルで、実数と近いところを見たくて、代理店からメーカーへと席を移したんだよー

って感じだったように思う。

そしてこの言葉、わたしはすごく響いたのでした。。


たとえば、

理想のカフェを作ろうとしてる人で

雑誌や経営者インタビューを読んで、理想のイメージと知識がある人と

えいやで小さくでもお店を作ってしまって、お客さんと出会い、コーヒーを何度も提供して、失敗したり満足しなかったりする やるせなさ、逆に今日は良かったなぁと感じてる人からの

両方からの発せられる言葉には、明らかな密度の違いがある(密度を感じれる人にはわかるとおもう)

そうゆう風に受け取った。


このふたつの間にはどんな違いがあるのだろう?

「わかったつもり」「わかろうとしている」の差がそこにはあるのだと思う


「わかったつもり?」

ロフトワーク棚橋さんのブログ「DESIGN IT! w/LOVE」で、

人生とは、わからないものを認識して、それをわかる状態へと移行させる、そのための活動が次々と繰り返される舞台なんだと思う。
そのひとつひとつ活動のスタートとして、自分がわからないものを認識し、そこに注目してみるというのは、最初の一歩として欠かせない。

(引用)知力とは、わからないことをどれだけ考えられるかという度合い

物事は基本「わからないこと」を前提として語ってらっしゃるところ、

また人生の取り組む姿勢として提示されているところに、自分の浅はかさというか、、

「自分もわかったつもりになっていたことが沢山あって、しかも自分の専門でない領域での方がその姿勢はとても多かった」と振り返って感じました。

だから、すぐにわかったつもりになるんではなくって、わからないを認識しわかろうとする姿勢が

まずは最初の一歩として欠かせないのだ、と。


なにがわからないか?を認識する


これって「インタビュー」や「ヒアリング」をするときの姿勢にも現れてくるのだろうと思う

リサーチャーって恐らく、「わからないんです」が前提だから、多面的に知ろうと動く。

本当に本質的なところは、もうちょっと先なのに

本質の手前で「わかった!」と思って、簡単な対処療法をしてしまうこともままあるように感じる。

それが結果として、「安易な回答」をだしてしまって、「理想」に対してわかったつもりでの対応になるんではないだろうか


リアルな言葉で語るには

「リアルな言葉」とは、すぐ目の前にある「安易な回答(How To)」ではなくて、

「私はわからない、だからもっと知りたい」から始まって、実経験を通して「わかる状態へと移行して」語れるものだと思う。

私自身、「リアルな言葉で語る」ことのできることってどれくらいあるのだろう?って問いかけてしまうのだけれど、、

「基本、物事はわからない!しらないことだらけなのだ!」と、改めて初心に戻った気がします。


urushi-note

あちこちに散らばってしまうモヤモヤや、ふむふむを ランダムに残していく公開メモ 全く明日から使えない非合理主義

0コメント

  • 1000 / 1000