rotteldam Markethal Cube house,

Cube house

いくつもの四角が巧妙に重なり合っている。
ちょうど工事をしていました。
通りから見るとこん感じ。

キュービックハウス

ロッテルダムのシンボルのひとつです。見慣れた形の40の家を45度傾けて持ち上げた、オランダ初のキューブ型ハウスです。これらの家はロッテルダムの市街地に並び、人々の目を惹いています。
木と森をイメージ
建築家ピート・ブロムは、1984年に「キュービックハウス」をデザインしました。このデザインの根底には、一本の木のような家が集まって森を形作っているイメージがあります。ブロムのコンセプトは、活気あふれる安全な楽園のような“ビレッジ”を、市街地に創り出すことでした。
キュービックハウスのインテリア
「キュービックハウス」での生活をのぞいてみましょう。ほとんどの家は使われていますが、ひとつのハウスが一般公開されています。「キュービックハウス」では市販の家具は使えないので、さまざまな工夫がなされていることがわかります。

キューブハウスの近くにはこんな面白い建物も。
黄色いポンプ?がとても印象的
閑静な街のイメージもありました
トラムから降りたら、ボックスを重ねたようなビルも

Markethal

cubehouseの裏手にはこんな閑静な場所も
中に入ると
まず天井が印象的、、
カラフルな野菜、果物、ところどころに蝶などが現れています。
天井ということを忘れる、、
外も透けて見えます。
きっと建築的にも難しいのだろう、、
いろいろなマーケットが入っています。
きのこが!
これは巨大きのこでした
私はこのお店で、バルサミコ酢とオリーブオイルをお土産に買いました!

ここはオリーブオイルやさん。
展示の仕方に工夫があって素敵!しずくの形をしたデキャンタ?にオイルがはいっていて、味見させてくれます。
このような感じで、パンにつけて食べさせてくれます
おいしさに自信がある現れです


この日のランチ!

お昼ご飯にチーズ屋さんのサンドイッチを。
おいしい!!!
ここではバルサミコのマスタードや、わさびマスタードも売っていて、サンドイッチにもそれが使われていました。とっても美味しい、、また食べたい

オランダにきたら絶対にたべたかったワッフル!
プレーンなものを探すのに苦労しました。。
どれもチョコレートやクリームがついてきて甘そうで、、
シンプルなバターの甘さが美味しい!

他にもいろんなお店が
お肉ですね
 空間全体が、食!の美味しさを演出していました
お腹がいっぱいでも、何かたべたくなってしまう。

Markethallの手前には、普通に屋台の市場があり
チーズがたくさん!あったり、食材から日用品まで売っていました。
チーズ好きにはたまらあいのですが、こんなにいらない、、

urushi-note

あちこちに散らばってしまうモヤモヤや、ふむふむを ランダムに残していく公開メモ 全く明日から使えない非合理主義

0コメント

  • 1000 / 1000